【ToS】正式サービス開始にあたりタンクをオススメする理由

オンラインゲームTree of Saviorのタンクは面白い。

なにが面白いかというとクソードマンというバズワードが存在するので都合の悪いことはすべてソードマンの責任にされつつ、
なおかつ各職の中でも数多くのゲーム内知識を要求されるジョブだからである。
さらにいえば状況判断的にただしい行動をしても裏で愚痴られmobだけでなくプレイヤーからのヘイトを一身に背負うことになる。

そうその姿まさしくソードマンこそ中間管理職。
つまり中間管理職とはタンク。

ソードマン「スワッシュして端によって敵集めよう」
「端に寄られると危ないです」
ソードマン「……? じゃあ壁から離れた場所に集めよう」
別PT「端によってくださいやりづらいです」
ソードマン「……?????」

ソードマン「(ID中)すいません焚き火たいていいですか」
「はあ?? 濃縮ポーション飲めよ地雷かよ」
ソードマン「なるほど濃縮ポーション買っておかなきゃいけないのか……じゃあみんな持ってるものと思って進めばいいんだな」
別PT「ウィズさんたちのMPがなくなってるの見えてないんですか? 野良に濃縮POT持ってること求めないでください!」
ソードマン「……?????」

「像のまわりまわって無敵とってください。そんなことわからないんですか」
「SW乗って」
「回復踏むな」
「回復踏め」
「盾のプライドだけは一人前だなw」
「まわりバフ消えてるのに先いかないでくれます?」※自動PTでは味方のバフは見えません
「クソードマンのせいで……」
「クソードマンwww」

ソードマン「お前等全員ペロれ」

ようこそ……スワッシュ持ちソードマンこそが自動PTでマッチングする度にTwitterなど裏でぐちぐち愚痴られるわゲーム中で言われたことを守っても人によっては方針が違うのでその脳内当てをしなければクソードマンというバズワードで軽率に罵られるジョブ……。
他のジョブをやりながらだと判る、言語化しやすいせいで「やっぱりソードマンってクソだわ」みたいにちょっとしたミスで過大に怒られることに……ウィズとかやっておくと周囲の温度差に驚くだろう……。
単純計算で50職以上あるジョブの性能を把握しておかなくては「なんでこういう動きしてくれないの?」と『ユニークな性能してるくせに自分のジョブ性能をなにも言わず理解して当然』と文句を言ってくる自動PTメンツに遭遇するぞ。なら普通にPT組んでからもぐれとか言っちゃダメだぞ!

だが安心しなさい。生殺与奪はソードマンが握っているのだ……ムカついたらスワッシュで大量に敵つってきて自分もろとも全滅したらいいんだ……。フィールド狩りでは自分が連れてきたmobのお陰で経験値入ってるんだぞと悦に浸れるのだ……。戦場のコントロールは君の手の中にあるぞ……。

まあ実際たのしいのとゲーム中で直接文句いってくるようなのはいないのとR8ではムルミロが楽しそうなので「何を言おうがこいつらの命は俺の手中の上だ」と思って常に余裕を持っていればなにも問題ないのでやりましょう。タンク。

あと常にパンツが見えるよ。
screenshot_20160919_00006.jpg


ネトゲってコミュニケーションのゲームだなぁ、言わないと伝わらないって基本的なことだよなぁ、というのを実感しつつ、いくらネトゲを多数やろうがその辺り判ってない自称ネトゲ好きは大変だな、と思いました。まる。

2016/09/28 22:02 | 雑記COMMENT(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |